JPNS 日本末梢神経学会 Japanese Peripheral Nerve Society
CONTACT SITEMAP
 
CONTENTS
学会について
入会のご案内
会則
学術集会案内
学会誌
倫理利益相反(COI)
お問い合わせ
TOPへ戻る
 




学会について


概要理事長挨拶役員各種委員会歴代


概要
日本末梢神経学会
Japanese Peripheral Nerve Societyについて

末梢神経は中枢神経と末梢組織との間にあって両者を結ぶ重要な役割を担っている。末梢神経障害をきたす要因には、遺伝、中毒、代謝異常、炎症・アレルギー、外傷・圧迫などがあり、これらにより生じる症状はしびれや痛みなど多様で、それぞれに特徴がみられる。実際の臨床では、これらの要因や病態が明確に鑑別可能な場合もあるが、困難なことも少なくない。障害要因の重なりもあり、実態はより複雑である。末梢神経疾患領域は内科、神経内科、整形外科のみならず、糖尿病などの代謝領域、小児科、形成外科、リハビリテーション科や解剖学、生理学、生化学、薬理学、免疫学、分子生物学などの基礎医学、さらには産業医学、環境医学や疫学、予防医学的側面など多くの分野が関わっている。

これらの各専門分野を統合した、より学際的な研究体制の確立の重要視されるなか、その実現を図るため、研究成果の発表や自由な意見交換の場が必要となり、それに対応する目的で、末梢神経疾患領域に関心を持つ専門家の発議により、1990(平成2)年1月、祖父江逸郎名古屋大学名誉教授が代表発起人となり、24名の発起人のもと末梢神経研究会が設立された。その後、研究会として毎年学術集会を重ね、会員の増加に伴い、演題数も増え、会としての存在感が大きくなり、第11回研究会の役員会、世話人会において学会への移行が決まった。

(発会:2000(平成12)年8月27日)

PAGE UP





理事長挨拶
日本末梢神経学会理事長 越智 光夫この度、越智光夫理事長の後を受け、日本末梢神経学会理事長に就任しました、近畿大学神経内科の楠 進です。歴代の理事長のご努力により発展してきた本学会を、さらに盛り上げていくために、微力ではありますが全力を尽くしたいと思っています。

本学会は、神経内科、整形外科、形成外科、リハビリテーション、産業医学から基礎医学まで、幅広い専門領域のドクターが集まって、末梢神経の機能や疾患について語り合うという学際的な学会です。また最近では、医師だけではなくメディカルスタッフの方々の参加も増えてきています。そこでは、バックグラウンドの違いを感じることもあるでしょうが、本学会はそれを踏まえた上での相互理解が生まれる貴重な場だと思われます。とくに神経内科と整形外科は、患者さんが両方を受診されることも多く、お互いの理解が極めて重要です。その意味で本学会の意義は大きいものと考えます。

本学会は祖父江逸郎先生が平成2年に名古屋で開催された末梢神経研究会が第1回であり、その後平成13年の第12回から日本末梢神経学会となり、本年大阪で私が担当して開催させていただいた学術集会で第27回をむかえました。私は第1回から参加させていただいておりますが、その間に年々参加者も増加し、盛んになってきていることを実感しています。しかし、まだまだ会員数は増加する余地があるものと思います。神経内科と整形外科以外の分野のドクターや、メディカルスタッフにも働きかけて、会員数の増加を目指したいと思います。また同時に国際学会との交流も考える必要があります。Peripheral Nerve Society(PNS)という国際学会があり、私は20年近く前から参加していますが、日本末梢神経学会とは異なりほとんどが神経内科医により構成されています。日本人の参加者も一定数いるのですが、末梢神経に興味をもっているわが国の神経内科医(例えば本学会に参加している神経内科医)の数からするともっとたくさんの参加者があってもよいと思われます。国際化の手始めにPNSへの積極的な参加を促し、交流を深めたいと思います。また同時に整形外科をはじめとする他領域についても国際化について関係の先生方と検討したいと考えています。さらに学問的成果の社会への還元という意味では、5年前から学術集会に連動して行われている市民公開講座のさらなる充実も重要と思われます。

前理事長の越智光夫先生、前々理事長の祖父江元先生をはじめとする諸先輩のお力を借りながら、本学会を益々発展させていきたいと考えています。事務局を務めていただく名古屋大学手の外科の方々、なかでも平田仁教授には、ひとかたならぬお世話になることと思いますがよろしくお願い申し上げます。 以上、簡単ですが理事長就任の御挨拶とさせていただきます。会員の皆様におかれましては、御指導・御協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

2016年9月
日本末梢神経学会理事長
楠 進

PAGE UP





役員(五十音順)
理事長
楠 進
理事
池田 和夫、池田 修一、岩崎倫政、岡野 栄之、越智 光夫
    柿木 良介、梶 龍兒、加藤 博之、金谷 文則
    神田 隆、吉良 潤一、桑原 聡
    光嶋 勲、酒井 昭典、佐々木 秀直、三五 一憲、園生 雅弘
    高嶋 博、田島 文博、中川 正法
    野村 恭一、平田 仁、松岡 雅人、三上 容司
監事
小池 春樹、松山 幸弘
評議員
足立 弘明、尼子 雅敏、有野 浩司、安東 由喜雄
  飯島 正博、池口 良輔、石田 治、出江 紳一、伊藤 聰一郎
  稲田 有史、岩月 克之、牛田 享宏、宇高 不可思、内山 茂晴
  浦部 忠久、大越 教夫、太田 壮一、岡 伸幸、岡 尚省
  岡島 誠一郎、岡島 康友、荻野 美恵子、小田 良
  小鷹 昌明、越智 健介、海田 賢一、勝野 雅央
  加藤 丈夫、加藤 直樹、嘉門 信雄
  川頭 祐一、川上 倫、北 耕平、喜多 也寸志
  木原 幹洋、木山 博資、久保 俊一、栗本 秀、郡山 達男
  古賀 道明、小林 正樹、小森 哲夫、才藤 栄一
  佐々木 秀行、真田 充、滋賀 健介
  自見 隆弘、清水 潤、鈴木 修身、砂川 融
  関島 良樹、仙石 錬平、高木 岳彦、高山 真一郎
  田尻 康人、多田 薫、竪山 真規、田中 章景、千葉 進
  土原 豊一、椿原 彰夫、道勇 学、豊島 至
  鳥越 甲順、仲尾 保志、長岡 正宏、永松 正明
  成澤 弘子、西浦 康正、野崎 博之、服部 直樹
  林 礼人、原 友紀、原 行弘、波呂 浩孝、平山 正昭
  福島 和広、藤岡 俊樹、藤原 浩芳、正門 由久
  松井 真、松本 昌泰、三澤 園子、水上 浩哉
  三井 隆男、三井 良之、宮嶋 裕明、宮本 勝一
  村上 龍文、村田 顕也、森澤 妥
  安田 武司、山ア 亮、山本 正彦、山本 美知郎
  吉岡 亮、芳川 浩男、里宇 明元
  
PAGE UP

各委員会
あり方委員会
委員長
中川 正法
委員
岩崎 倫政、吉良 潤一、楠 進、三五 一憲、平田 仁

編集委員会
委員長
神田 隆
委員
加藤 博之、桑原 聡、小池 春樹、酒井 昭典
  佐々木 秀直、三五 一憲、中川 正法、平田 仁
  松岡 雅人

広報委員会
委員長
三上 容司
委員
桑原 聡、園生 雅弘、西浦 康正

コメディカル対応委員会
委員長
田島 博文
委員
柿木 良介、吉良 潤一、藤岡 俊樹

COI委員会
委員長
野村 恭一
委員
池田 和夫、岩崎 倫政、高嶋 博

PAGE UP





歴代
末梢神経研究会歴代会長
開催都市
会期
第1回 祖父江 逸郎 名古屋 平成2年9月1日
第2回 古和 久幸 東京 平成3年8月31日
第3回 西谷 裕 京都 平成4年8月29日
第4回 村井 由之 福岡 平成5年8月21日
第5回 矢部 裕 東京 平成6年7月9日
第6回 平澤 泰介 京都 平成7年7月15日
第7回 後藤 由夫 仙台 平成8年8月31日
第8回 竹内 康浩 名古屋 平成9年8月30日
第9回 佐藤 勤也 東京 平成10年8月22日
第10回 植村 慶一 東京 平成11年8月28日
第11回 桜井 実 仙台 平成12年8月26日
学術集会歴代会長
開催都市
会期
第12回 高橋 光雄 大阪 平成13年8月25日
第13回 長野 昭 浜松 平成14年9月21日
第14回 井上 聖啓 東京 平成15年8月29・30日
第15回 落合 直之 つくば 平成16年8月28・29日
第16回 廣瀬 源二郎 金沢 平成17年7月22・23日
第17回 越智 光夫 広島 平成18年8月18・19日
第18回 八木橋 操六 弘前 平成19年8月24・25日
第19回 祖父江 元 名古屋 平成20年9月5・6日
第20回 根本 孝一 さいたま 平成21年9月4・5日
第21回 糸山 泰人 仙台 平成22年9月3・4日
第22回 金谷 文則 沖縄 平成23年9月2・3日
第23回 吉良 潤一 福岡 平成24年8月31日・9月1日
第24回 柴田 実 新潟 平成25年8月23・24日
第25回 中川 正法 京都 平成26年8月29・30日
第26回 加藤 博之 松本 平成27年9月18・19日
第27回 楠 進 大阪 平成28年8月26・27日
初代
祖父江 逸郎
第2代
平澤 泰介
第3代
祖父江 元
第4代
越智 光夫
第5代
楠 進
 


PAGE UP
Copyright (C) Japanese Peripheral Nerve Society All rights reserved.